鍵の防犯対策の仕方

玄関ドアの鍵の性能はやはり防犯効果を大きく左右します。最近の住居は1ドアに付き複数の施錠機構が付いているものがほとんどですが、そうなっていない脆弱なロック機構の家がやはり優先的に狙われています。自宅の鍵の機構と性能を見直し、防犯に役立てましょう。

 

鍵の性能以前の問題として

 

その前に、設備的な面を考える前に一つ確認しなければならないことがあります。無施錠の状態で家を空けることはありませんでしょうか?

 

もちろん、半日出かけるのに鍵をかけないという人はいないと思います。ところが、ちょっとゴミ出しに、ちょっとそこのコンビニへ、と言った場合いちいち施錠をしないという人は意外にも多いものです。きちんと把握しておいて欲しいのは、「空き巣は必ず犯行前に下見をする」ということです。

 

特にゴミ出しなど、決まった曜日に特定の時間帯に鍵をかけずに家を短時間空ける、という行動サイクルが知られれば当然ながら優先的に狙われることになるでしょう。ちょっとした外出でもいちいち鍵をかけることは絶対に必要です。

 

複数の鍵機構を利用する

 

最近の住宅であれば、玄関の扉一つにチェーンロックを含め3種類の施錠機構が付いているというのが普通にありますが、昔の住居の扉ではそうもいきません。

 

この場合、自分で鍵を買い補助錠を取り付けることが必要となります。あと付けの補助錠は外から見た場合どんな鍵が付いているのか事前に知ることが難しいという点もメリットです。

 

集合住宅では基本的にどの部屋も同じ鍵機構ですので、1部屋を観察できれば他の部屋の鍵機構の予習となってしまうのですが、独自に鍵を取り付けていると予想と違う鍵が付いているということで空き巣犯に早々に諦めさせる決め手になることが多いのです。