亜鉛サプリランキング!

 

亜鉛の吸収率を高めるには

 

亜鉛をサプリメントから摂取する必要性の一つに、亜鉛の吸収率の悪さがあります。そもそも亜鉛の性質として吸収率が悪いというのもありますし、他の栄養素との組み合わせで吸収率が上がったり、逆に下がったりもします。

 

サプリメントを利用する際にもこの点には気をつける必要がありますし、またどうせサプリメントを購入するならば、最初から亜鉛の吸収率を高めるような栄養を組み合わせているものを購入するのがいいでしょう。

 

亜鉛のサプリメントを調べていると、キレート加工という言葉をたびたび目にすると思います。亜鉛の場合、ビタミンCやクエン酸が亜鉛と結合することがキレートであり、キレート済みの亜鉛はそうでないものと比べて格段に吸収率が高いのです。

 

キレートとは特殊な加工を行わなければならないわけではなく、亜鉛とビタミンCもしくはクエン酸を同時に摂取するだけでキレートするため吸収率が高まります。したがって、亜鉛は原則としてビタミンCやクエン酸と同時に摂取する、あるいはサプリメントならキレート加工済みのものを選ぶのが基本です。

 

一方で、ただでさえよくない亜鉛の吸収率をさらに下げる要素も存在します。まずは食物繊維の過剰摂取。食物繊維は消化・吸収されず体積が減らないまま便へと合流するため、不要な栄養素を巻き込んで消化させずに排出させるという嬉しい作用を持ちますが、過剰摂取すると必要な栄養素まで吸収を阻害して排泄させてしまいます。

 

亜鉛は特にその影響を受けやすいため、食物繊維の過剰摂取には気をつけましょう。他にも、鉄や銅など他のミネラルと吸収において競合することがあり、鉄や銅の過剰摂取は亜鉛の吸収率低下を招きます。これは逆も真で、亜鉛の過剰摂取は鉄や銅の不足を招きますので、ミネラルは適量摂取を心がける必要があります。

 

綺麗な爪や肌は亜鉛から

 

男性にしても女性にしても、相手の手先、特に爪は意外と目につくものです。男性の視線から見ても、綺麗な女性の爪や爪周りが汚くて幻滅したという経験はありませんか?やはりボロボロになっていたりすると印象は良くありません。

 

ネイルケア・ハンドケアというとこまめにクリームを塗って保湿したり、最近では手・爪用の美容液なんていうものもあったりしますが、こういった外からのアプローチばかりが思い浮かぶものです。しかしながら爪も手肌も体の組織の一部ですから、栄養素をしっかり摂取することで作られ維持されます。ですから、栄養素を補給するという内側からのアプローチを忘れてはなりません。そして爪や肌に関わりが深い栄養素が亜鉛なのです。

 

亜鉛はケラチン質というタンパク質の合成に必要な栄養素です。ケラチン質とは爪や髪の毛の主要組織であり、ケラチン質が十分ならば艶のある爪や腰のある毛髪が作られ、逆に不足すれば爪も毛も痩せてきます。さらには外からのダメージにも弱くなり傷つきやすくなります。爪が薄くてでこぼこしている、外からしっかりケアしているのに艶が出ない、という方は亜鉛不足かもしれません。

 

また、亜鉛は細胞分裂を促進する働きがあります。生まれては押し出されを繰り返して組織が形成されている爪や肌には特に影響が大きく、亜鉛不足で細胞分裂が遅いと古い組織が長時間居座ることとなり、爪がなんとなく濁りがちになったり手肌がくすんだりといった問題が起こりがちです。

 

亜鉛摂取による美容効果はすぐには現れませんが、亜鉛が手や爪、そして肌全体に関わりが深いことは確かですので、亜鉛が不足しているようならばサプリメントを飲み続けてみると、そのうち新しく美しい爪や肌が生まれてくることでしょう。

牡蠣の味を楽しめるオイスターリーフ

 

食べ物の中には、他の食べ物と似た味の物もありますよね。全然関係ない食べ物なのに、味がそっくりだというものもあります。

 

例えば、牡蠣にとても似ている食べ物もあります。オイスターリーフといわれるハーブ系の植物は、オイスターという名前がついているように、牡蠣に近い味になっています。

 

このオイスターリーフというのは、イタリアの野菜になっていますが、食べてみると確かに牡蠣の味がします。日本では、あまりなじみがないハーブなのですが、外国では観賞用になっているくらいポピュラーな植物です。緑色で葉っぱが大きいという特徴を持っており、食べてみると磯の味もします。

 

また、このオイスターリーフというのは、ミネラルやビタミンC、ビタミンEがたくさん含まれていますから、積極的に食べたいところです。ビタミンEというのは肌の保護をしてくれる働きを持っていますし、ビタミンCは紫外線対策にいいといわれている成分ですので、特に女性にとってとても魅力的ですよね。栄養だけなら牡蠣のサプリメントがおすすめですよ。

 

日本では、まだまだオイスターハーブは普及していないですから、まだ価格は高めになっています。このオイスターリーフを自分で育てるという方法もあります。オイスターリーフを育てて干渉を楽しむための方法をご紹介します。

 

まずオイスターリーフというのは、水はけがよくて酸性寄りの土が好ましいとされています。ですので、土壌は混合土を使うようにしましょう。

 

そして、影よりも日当たりがいい場所に植えるようにしてください。土の表面に水気が全然なくなったらしっかり水を与えるようにしましょう。なお、オイスターリーフは高温多湿の気候は弱くなっていますから、夏場は室内や日陰になる場所におくようにしましょう。葉が枯れてきてしまったら、しっかり栄養を当たるようにしてください。

 

オイスターリーフというのは色々な食べ方があります。サラダとして和えることも出来ますし、ソースなどにして食べることも出来ます。一番手軽に食べることが出来るのは、オイスターリーフをサラダに和えるようにして、レモン汁で食べるようにするという方法です。

 

オイスターリーフは見栄えもいいですから、料理も映えますのでぜひ食べてみてください。栄養素もたくさん含まれていて、牡蠣の味わいも楽しめますから、牡蠣が好きではないという人も食べることが出来るでしょう。

 

それに、肌にもいい栄養素がたっぷりですから、肌のトラブル予防をしたい人や、肌年齢を衰えさせたくないという女性も、積極的に食べたいところです。また牡蠣が旬ではない時期でもオイスターリーフを食べることによって、牡蠣の味を楽しむことが出来るようになっていますから、牡蠣が大好きだという人にもお勧めです。

更新履歴